2019-09-07

翼 翔太様作品

帰り道の魔法使い

 白薔薇が今日も誇らしげに咲いている。ここの薔薇はあっという間に満開になり、知らぬ間に枯れていく。そんな白薔薇が咲き誇っている屋敷の庭で、エレーヌはジャスミンティーを飲んでいた。ふわりと薔薇とジャスミンの香りが鼻を抜ける。翡翠色の水面に...
翼 翔太様作品

境界

足の裏に丸みのある石の感触を感じながら歩を進める。少し力んでしまい、足の下や近くの石が転がり、体のバランスを崩しそうになった。 「おっとっと」  なんとか尻餅をつくことなく、体勢を立て直したカイは進んだ。しばらくすると石には角が立ってゴツゴツしたものに変わってきた。 「こけたら絶対怪我するな、これ」  カイはより慎重に進んだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました