2019-07-13

巫夏希様作品

天空都市

天空都市マヌエラ。その都市には、どんな金銀財宝をもしのぐような宝が眠っていると言われている。 「天空都市マヌエラ……」 白いワンピースを着た少女は、崖の上からマヌエラを眺めながらそう言った。「気になる、かね?」 隣に立っている老齢の男性が、ひいふう息を立てながらそう言った。
翼 翔太様作品

変狼

今夜もどこからか狼の遠吠えが聞こえる。心地よくも恐怖を感じるその声をウォルはベッドの中で聞いていた。「この声は誰だっけ。……そうだ、肉屋のおじさんだ。あの人の声はちょっと低めだから」あちこちから狼の遠吠えが聞こえる。けれど襲われることは決してない。この村に住んでいる人間は、変狼族という一族でだれもが狼に変身できる一族だ。
遊佐堂様作品

あの人の道

最初の記憶は後ろ姿だ。すらっと上から下へと流れるようにきれいな輪郭を持つ体、ふんわりとなびく赤毛の長い髪。さざ波を聞きながら、私はぼーっとその人を見ていた。 次の記憶は部屋。天井は白色、壁は柔らかい黄色の部屋に私はいた。カモメの鳴き声で私は目覚めた。キョロキョロと視線を動かすとさっきの美しい後ろ姿が見えた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました