巫夏希様作品

巫夏希様作品

魔女の願い

鬱蒼と生い茂った森の中、私は歩いていた。 どんな願いをも叶えてくれるという、魔女を探して旅をしていた。 どんな願いをも叶えてくれる、というのだ。代償は今更惜しむこともあるまい。しかしながら、命を授けよ、と言われたらどうすれば良いだろうか。私は考える。私は悩む。流石にそこまで言ってこないかもしれないが、しかしながら、相手は魔女だ。所詮、この世界では影を潜めて生きている人種に過ぎない。その魔女がどんな願いをも叶えてくれるというのだ。
巫夏希様作品

天空都市

天空都市マヌエラ。その都市には、どんな金銀財宝をもしのぐような宝が眠っていると言われている。 「天空都市マヌエラ……」 白いワンピースを着た少女は、崖の上からマヌエラを眺めながらそう言った。「気になる、かね?」 隣に立っている老齢の男性が、ひいふう息を立てながらそう言った。
巫夏希様作品

花と少女

少女には、不思議な力がありました。 それは、彼女の手が触れた場所に花を咲かせるという能力でした。 彼女の力を見たマスコミは、彼女の力を大々的に取り上げました。 彼女の力を見た科学者は、彼女を調べようとしました。 しかしながら、それは適いませんでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました